【泥汚れを楽に落とす!】野球ユニフォームのおすすめ洗濯方法!

こんにちは!TRKです。
今回のテーマは【泥汚れを楽に落とす!】野球ユニフォームのおすすめ洗濯方法!です。
練習終わりのユニフォーム って毎度泥だらけになりますよね。
そこで悩むのが「洗濯」です。
「汚れたままのユニフォーム をそのまま洗濯機に入れても汚れが落ちず、翌日に手洗いをする…」
そんな洗濯していませんか?
はっきり言って、野球の泥汚れは普通に洗濯機を回しただけでは落ちません!
むしろ、1度洗濯してしまうと、心なしか汚れが落ちにくくなる印象があります…
しかし、以下の洗濯方法を実施することで高確率でユニフォーム の泥汚れはすっきり落ちます。
野球少年のお母さん、自分でユニフォームを洗濯する球児は必見です。
以下から解説していきます!

泥汚れを楽に落とす野球ユニフォームのおすすめ洗濯方法

手順①「ポール」でつけ置き

手順①は「ポール」でつけ置きです。

ポールとは、泥汚れに強い洗濯洗剤で、私も現在愛用しております。

特徴は普通の洗剤には配合されていない「リン」により、強い洗浄力を持っていることです。

そのため手洗いをしなくても、つけ置くだけで汚れが落ちていく優れものです。

つけ置きの方法は、大きめのバケツにポールを擦切りで一杯(専用スプーンが付属)いれ、その中に50℃程度の

お湯を注いでいきます。

お湯とポールが混ざっていることを確認してから、泥のついたユニフォームを入れます。

その後1~2時間つけ置きします。

つけ置き後、バケツからユニフォームを取り出し、シャワーを汚れ部分に当てていきます

この時、シャワーの水圧はMAXにしましょう。

これをすることで、泥汚れはほぼ落ちていきます。

この時点で汚れが落ち切っていれば、洗濯機にいれて洗ってOKです。

手順②それでも落ちない汚れは「ウタマロ」

手順①で大体の汚れを落としましたが、まだ汚れが残っている場合、「ウタマロ」を使いましょう。

ウタマロとは部分洗い用の洗濯石鹸で、これを汚れた箇所にこすり付け、

手洗いをすると汚れが落ち、真っ白に仕上がる万能な石鹸です。

私は小学校~高校までこの石鹸でユニフォームを洗っていましたが、すごく綺麗に汚れが落ちます。

手順①終了後、汚れている個所にウタマロをこすり付けましょう。

 

③手を荒らさない「洗濯用ブラシ」

手順②を実施したら、手もみで洗う…ことはしません!
手もみで洗うよりも汚れが落ちる方法は「洗濯用ブラシ」を使うことです。
ブラシの毛先がユニフォームの繊維の細かいところまで、浸透するので汚れが落ちやすくなります
さらに手もみをしないことで、手が荒れることを防ぐ効果もあります。
手で洗うよりも、楽に汚れを落とせるので、すごくお勧めです!
手順②を実施したら、ウタマロをこすり付けた箇所をブラシでこすりましょう
ある程度こすったら、水で洗い流し、汚れが落ちたことを確認して洗濯機に入れましょう。

まとめ

いかかだったでしょうか?

今まで手洗いで汚れを落としていたお母さんや球児の

助けになればうれしいです。

私は自分でユニフォームを洗っていましたが、洗濯にかける時間は少ない方がよいと思います。

洗濯は楽して、綺麗を目指しましょう。

今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「ポール」についての参考↓

https://cojicaji.jp/laundry/washing-goods/1849

「ウタマロ」についての参考↓

https://cojicaji.jp/laundry/washing-goods/1230

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA