【厳しいトレーニングのお供はこれ!】元野球部が教える!最適なトレーニングシューズの選び方

こんにちは!TRKです。

今回のテーマは「【厳しいトレーニングのお供はこれ!】元野球部が教える!最適なトレーニングシューズの選び方」です。

野球をする上で、避けて通れないもの…

それは「厳しいトレーニング」です!

タイム走、ショートダッシュ、手押し車、アヒルなど、

野球をやっている間は、様々なトレーニングを行うことになります。

 

そこで私が気をつけてほしいことは、トレーニングシューズ選びです。

トレーニングシューズ選びに失敗すると、足へ負荷がかかり、ケガに繋がります。

また、野球用トレーニングシューズ(アップシューズ)は、

野球をやる上では最適ですが、トレーニングには不向きです。

この記事をきっかけに、本当にトレーニングに適したシューズを知りましょう!

トレーニングに適したシューズ選びをする上で、重要なポイントは4つあります。

以下から解説していきます!
スポンサーリンク


最適なトレーニングシューズの選ぶための4つのポイント

①軽い

まず大事なポイントは軽さです。

重いシューズで走ると足へ負担がかかってしまいます。

シューズを試着した時に、軽いと感じるものを選びましょう。

私が使用していたシューズは片足250g程度でしたが、

軽くて使いやすかったです。

②クッション性が高い

走るトレーニングを多く行うため、

クッション性の高いシューズを選びましょう。

クッション性の高いシューズを使用すると、ケガの予防になります。

搭載されたクッション機能が走る時にかかる、

足や膝への衝撃を吸収してくれるためです。

反発力の高い、薄いソールのシューズは、

足への負荷が大きいためおすすめしません。

③アッパーの生地が薄すぎない

野球特有のトレーニングの中に、

足首や膝関節を柔らくするためのトレーニングがあります。

以下参考動画↓

【福岡工業】「アヒル」トレーニング 【野球部トレーニング】

その際に地面を擦るような動作をすることが多いため、

アッパー(足の甲、つま先などの部分)の生地が薄いと、

穴が開きやすくなってしまいます。

穴が開いたシューズを使用すると、ケガをする可能性が高くなります

軽量を重視したシューズは、アッパーの生地が薄いものが多いため、

注意が必要です。

④価格が1万円以下である

トレーニングシューズは、消耗がかなり激しいです。

トレーニングの頻度にもよりますが、

少なくとも半年に1度、多くて3か月に1回

買い替えるようになります。

そのため、1万円以上のシューズを度々購入するのは、

経済的に負担になります。

また、1万円以上するシューズは、

走りやすさを追求するため、アッパーが薄いものが多く、

野球のトレーニング用シューズとしては不向きなものが多いです。

価格が1万円以内の方が、野球のトレーニングに適したものが多く、

買い替えしやすいためおすすめです。

スポンサーリンク


おすすめのトレーニングシューズ

上記4つのポイントを踏まえて、

私がおすすめするトレーニングシューズを紹介します。

皆様のトレーニングシューズ選びの参考になれば幸いです。

①アシックス「JOLT3」

低価格でありながら、高性能なシューズです。

穴の開きやすいつま先部分が補強されており、

アウターソールのフレックスグルーヴ(屈曲溝)により、

柔軟性が生まれ、フィット感に優れています。

幅広サイズを求める方向けに、「エキストラワイドフィット」を

採用しているため、足幅の広い方におすすめです。

アシックス「JOLT3」の詳細はこちら

 

②ミズノ「マキシマイザー23」

耐久性に優れたシューズです。

つま先だけでなく、足の側面に使用されている人工皮革により

激しいトレーニングにも耐えられるようになっています。

耐久性もありながら、片足260gと軽量で、

カラーバリエーションも豊富なのも魅力的です。

価格も安価であるため、非常におすすめです。

ミズノ「マキシマイザー23」の詳細はこちら

 

③アンダーアーマー「チャージド アサート8

クッション性に優れたシューズです。

「「練習量は嘘をつかない」を足元から支える」

コンセプトとしており、衝撃の大きさに応じて吸収反発が変化する等

膝に優しいサポート機能が充実しています。

私が使用していた時は、自分の足のサイズから0.5㎝大きいサイズを

選ぶと丁度良かったです。

アンダーアーマー「チャージド アサート8」の詳細はこちら

スポンサーリンク


まとめ

今回は野球用のトレーニングシューズの選び方と

おすすめのシューズを紹介させていただきました。

最適なトレーニングシューズを選ぶことで、

トレーニング時の負荷を減らし、ケガを予防してくれます。

選ぶ際は、慎重に、真剣に選ぶようにしましょう!

今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

グローブ・ミットの縦型・横型については以下で解説しています↓

【コレを知らないとやばいかも…】あなたは知っていますか?投手用グローブの縦型・横型の違い!

【キャッチング上達】自分の手に合うのはどっち型?キャッチャーミットの縦型・横型を知ろう!

 

おすすめの硬式グローブは以下でも解説しています↓

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!内野用グローブ編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!外野用グローブ編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!投手用・縦型グローブ編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!投手用・横型グローブ編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!縦型・キャッチャーミット編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!横型・キャッチャーミット編

 

グローブ以外の道具は以下で解説しています。参考になればうれしいです!↓

スパイク

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!練習用スパイク編

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!試合用スパイク編

バッティンググローブ

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!合成皮革バッティンググローブ編

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!天然皮革バッティンググローブ編
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA