【少年野球からリトルリーグに行きたい人必見!】少年野球からリトルリーグに移った私の体験談まとめ!

こんにちは!TRKです。

今回のテーマは「【少年野球からリトルリーグに行きたい人必見!】少年野球からリトルリーグに移った私の体験談まとめ!」です。

 

現在は少年野球チームに入っているけど、リトルリーグに挑戦したい!

 

そんな思いを持つ少年たち向けに、私の体験談を紹介したいと思います。

何を隠そう、私も少年野球からリトルリーグに移った経験の持ち主なのです!

その時の体験談を解説していきます。

この記事が、リトルリーグへの挑戦の参考になれば幸いです。

以下から解説いたします!

スポンサーリンク


少年野球からリトルリーグへ移って大きく変わったこと5選

①ボールが軟式から硬式になった

リトルリーグは少年・少女を対象にした「硬式野球リーグ」です。

そのため、使用するボールが、少年野球で使っていた軟式ボールから、

硬式ボールに変わります。

硬式ボールは牛の皮などを用いて作られているため、

軟式ボールよりも重いです。

リトルリーグに入る前に、硬式ボールを1つ買って触っておくといいです。

機会があれば、キャッチボールをすることをおすすめします。

私が初めて硬式ボールを投げて感じたことは、

重たさよりも大きさの違いに違和感を覚えました。

しかし、数十球投げていると、徐々に慣れていきました。

また、硬式ボールは軟式ボールほど跳ねないため、

バウンドの感覚もつかめるようにしておくと良いです。

スポンサーリンク


②塁間、ピッチャーからホームまでの距離が短くなった

リトルリーグの塁間とピッチャーからホームまでの距離は、

男子のソフトボールと同じ距離です。

詳しくは以下で記載しています↓

グラウンドのルール【ベースボールモンスター】

私は小学5年生でリトルリーグに移ったため、

塁間が約5メートルほど短くなりました。

そのため、ボールが硬式ボールに変わっても、投げる距離が短くなったので、

肩肘が痛むことはありませんでした。

そのこともあってか、私はリトルリーグを卒団するまでに

肩肘のケガは1度もありませんでした。

スポンサーリンク


③打球が早い、そして怖い!

塁間が短くなったことで、打球との距離も短くなります。

私は初めてサードを守った時、ライナー性の打球に反応できず、

左手首に当てて捕球できず恐怖を覚えた経験があります。

さらにリトルリーグのバットは、軽量かつ反発力が強いので、

まさに「鬼に金棒」といった感じでした。

しかし、その早くて強い打球に対応するために、

基礎練習をしっかり教えてくれるので、

気づいたら対応できるようになりました。

基礎をしっかり身につけるには、良い環境だと思います。

スポンサーリンク


④変化球が使い放題

リトルリーグでは、少年野球では禁止されていた変化球が使えます。

私は、初めて打席でカーブを見た時はビックリしました。

最初はタイミングが合わなくて、なかなか当たりませんでしたが、

コーチの指導によって当たるようになっていきました。

リトルリーグでは変化球の打ち方もコーチが教えてくれるため、

最初は打てなくても問題ありません。

スポンサーリンク


⑤監督・コーチの指導が細かく的確になった

硬式ボールを扱う分、指導者も硬式野球経験者が多くいました。

私のチームの監督は、西東京の強豪校出身でした。

監督の指導は、少年野球の時よりも、指導が細かくて、的確な印象を受けました。

具体例を挙げると、ゴロを捕る時の指導で、

少年野球では「もっと低く!腰を落とせ!」しか言われていなかったのですが、

リトルリーグでは、

「打球を真正面から受けないで、捕る時に少し右側(TRK右投げのため)から入ると捕りやすいよ」

と経験した人にしかわからない、的確な指導をしてもらっていました。

実際にやってみると、明らかに後者の方が捕りやすく、上手くなっていくのが実感できました。

スポンサーリンク


まとめ

今回は少年野球からリトルリーグへ進んだ私の体験談をまとめさせていただきました。

私が自信を持って言えることは、

「リトルリーグに行って良かった」ということです。

リトルリーグでの練習は、少年野球の時よりも厳しくなりましたが、

その分、自分を成長させてくれたと実感しています。

早めに硬式ボールに触れていたことも、

今考えれば、高校で野球をやるのに役に立っていたと思います。

今回は5つ体験談を紹介しましたが、

まだまだ出てきそうなので、思い出したら第2回もやろうと思います。

今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

グローブ・ミットの縦型・横型については以下で解説しています↓

【コレを知らないとやばいかも…】あなたは知っていますか?投手用グローブの縦型・横型の違い!

【キャッチング上達】自分の手に合うのはどっち型?キャッチャーミットの縦型・横型を知ろう!

 

おすすめの硬式グローブは以下でも解説しています↓

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!内野用グローブ編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!外野用グローブ編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!投手用・縦型グローブ編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!投手用・横型グローブ編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!縦型・キャッチャーミット編

4月から硬式クラブへ進む中学生必見!初めての硬式用野球道具はこれだ!横型・キャッチャーミット編

 

グローブ以外の道具は以下で解説しています。参考になればうれしいです!↓

スパイク

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!練習用スパイク編

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!試合用スパイク編

バッティンググローブ

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!合成皮革バッティンググローブ編

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!天然皮革バッティンググローブ編
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA