【コレを知らないとやばいかも…】あなたは知っていますか?投手用グローブの縦型・横型の違い!

こんにちは!TRKです。

今回のテーマは「【コレを知らないとやばいかも…】あなたは知っていますか?投手用グローブの縦型・横型の違い!」です。

投手用グローブには「縦型」「横型」、2つの種類が存在します。

「へぇ~、知らなかったな」と思った方、いるのではないでしょうか?

私も高校生まで知りませんでした(笑)

しかし、この「縦型」「横型」ピッチャーをやる方は必ず知らなければいけません。

これを知らないと、

自分に合った投球フォームを永遠に知らないまま、野球人生を終えることになりかねません。

「ええええ⁉そんなに重要なの?」

「マジか、ヤバイよ」

そう思われたピッチャーの方々、安心してください!

この記事読めば、投手用グローブの縦型・横型の知識を身に着け、

自分に最も適したグローブを選べるようになります。

自分に合った最高の道具を選び、至高の投球フォームを手に入れましょう!

以下から解説していきます!

 

投手用グローブの縦型と横型

縦型

楽天・田中将大選手が今季使用しているグローブ

縦型投手用グローブの特徴は、以下になります。

・ボールがつかみ取りしやすくなっている

・グローブを引く動作がスムーズにできる

・体が開きにくくなる

縦型のグローブを使用するメリットは、

グローブを引く際、腕の内旋がしやすくなり、スムーズに引くことができるため、

コントロールがつけやすくなることです。

主にコントロールを重視する投手向けのグローブです。

また、投球フォームが縦回転(オーバースロー、スリークォーター)の投手にも使いやすいグローブです。

プロ野球選手だと楽天の田中将大投手阪神の秋山投手など

コントロールの良い投手が縦型のグローブを使用していることが多いです。

横型

横型投手用グローブの特徴は、以下になります。

・ボールを挟み取りしやすい

・グローブを引いたときに、力が入りやすい

・横回転を使う投げ方をしやすい

横型のグローブを使用するメリットは、

リリースの際に力が入りやすいことです。

投げる際にグローブを引くと、握りこむことができるため

その力をリリースする瞬間に使うことができます。

主にパワーピッチャー向けのグローブです。

また、横回転(サイドスロー、アンダースロー)で投げる投手にも使いやすいグローブです。

プロ野球選手だと楽天の松井投手、ソフトバンクの高橋投手が横型のグローブを使用しています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

自分の投球フォームに一番適したグローブを選ぶことで、

よりスムーズに投げることができます。

そのため、投手はグローブを購入する前に、

グローブをはめて、シャドーピッチングをすることをおすすめします

そうすることで、投げているときに違和感がないかを確認することができます。

自分に合った最高のグローブでピッチングしましょう!

今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

グローブ以外の道具は以下で解説しています。参考になればうれしいです!↓

スパイク

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!練習用スパイク編

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!試合用スパイク編

バッティンググローブ

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!合成皮革バッティンググローブ編

【野球道具】春から野球部の中学生におすすめ!初めての道具はこれだ!天然皮革バッティンググローブ編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA